スクエニ漫画感想雑記

スクエニ(漫画)に関する考察・感想・2chネタなどを更新
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガンガンオンラインの現状3(バトル・ミステリー系)

バトル・ミステリー・推理など中心の漫画に関してです
(コメディより以外の)

1、現在の上位作品

能力者バトル系漫画で
ガンガンオンライン
上位連載作品の
アホリズムが
aphorism7巻累計50万部

と好調です
(スクエニ系ですと単巻5万+からアニメ化圏内)

ですが、この作品は
ガンガンウィングからの移籍作品にあたるもので
ガンガンオンライン連載から生まれた作品とは少し違います
(何故、ガンガンオンラインに割り振られたかは要検証?)

今のところ、オリコン等で
目に見える結果として出た作品は少ないのが現状です
(うみねこ・ひぐらし等のコミカライズは除く)

2、バトル・ミステリー漫画不振の背景
①web漫画とバトル・ミステリー漫画の不協和音
前回、話しましたが
バトル・ミステリー物の場合どんなに良くても
かなり話題にならない限りは
(アニメ化などの要因)
途中から読み始めるのはきついです

新規読者は
話についていけないから
ストーリー漫画を見ない傾向がある


②ガンガンオンラインの初期の事情
ガンガンオンラインは
スクエニ系の雑誌改革
(ガンガンパワード・ウィング廃刊・ガンガンJOKER創刊)
で雑誌数が減ったため
廃刊した雑誌で連載していた漫画の
受け皿としての役割がありました


初期のガンガンオンラインでは
数多くの移籍連載(バトル・ミステリー物含む)が連載されており
新規でストーリー漫画を始められる環境ではなかった

③中期の展開・ガンガンIXA
中期以降、バトルミステリー漫画の展開も徐々に出てきました
しかし、このころのアクセス数増加は
男子高校生の日常の2ch等での人気を背景としたもので
コメディ漫画を特に求めている層であり

バトルミステリー漫画は
長くて4巻
といった作品が多く

特に、重要なのは
アルバローズの猫という連載が
その後、NightWalker-ナイトウォーカー-
という続編を他紙で書いていることです



連載作品自体の理由だけでなく
当時のガンガンオンライン自体の
定期購読者数の少なさや、
読者層の想定ミスなどが
背景にあります


この時期のガンガンオンラインは
ガンガンIXA系の連載の受け皿となった関係上
新規の連載数も減りましたし
IXA関係も、当時の読者層の志向と
ずれていたように見受けられます


3、16新連載以後
男子高校生の日常のアクセス数増加により
安定してた購読者層が
形成されてきた頃に始まった
16新連載は特に重要です
新規連載数が
コメディ<バトル・ミステリー
という形で

一気に、
バトル・ミステリー漫画が充実されていきました

個人的には
・クラスメート、上村ユウカはこう言った。
・ BLOODY JUNKIE

16新連載後の
・魔女の心臓
が当たりだと思っています


漫画雑誌としての下地が
ようやく揃いだしましたので
これからのガンガンオンラインの
バトル・ミステリー漫画は期待が持てます!!



記事が気に入りましたら
クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/08 20:15 ] 考察系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーさん

Author:えーさん
はじめまして。
スクエニ関係の漫画アニメの考察・感想・2chネタなど書いてます

ブロとも申請フォーム
最新記事
ブログ村ブログパーツ(β)
えーさんさんのランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。