スクエニ漫画感想雑記

スクエニ(漫画)に関する考察・感想・2chネタなどを更新
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハーメルンのバイオリン弾き〜シェルクンチク〜 感想 レビュー

注意:ネガティブな記事です


黎明期におけるガンガンにおける
看板作品の一つである
全37巻10年間にわたる連載をした
渡辺道明先生のハーメルンのバイオリン弾き

その続編としてヤングガンガンで連載していた漫画です
前作主人公ハーメルとフルートの息子グレート
魔法使いを目指す少年シェル
スフォルツェンドの魔法学校を中心とした物語です

「前作のファンが楽しめ、なおかつ新しいファン層を取り込める作品を」
というコンセプトを元に立ち上がった企画でしたが



全8巻。所謂、俺たちの冒険はこれからだ

という形で終了しました

前作全巻もってるのですが
さすがに途中で耐え切れなくなった層です・・・orz


1、新規読者層の反応
特に絵柄が、2-3世代前のもので
読者が好むような絵柄じゃなかった

ストーリーに関しても、
新規読者をつかめるような
劇的に面白いものではなかった


正直な所、新規でこの作品を読んで面白いという
層はいないんじゃないかと思います

2、前作購読者層
前作は
序盤はギャグパートが多めで
徐々にシリアスが増えていく感じで
痛ましい描写(少年誌の範囲で)も多く
読む人を選ぶ作品でしたが
心理描写・戦闘描写・ギャグなども秀逸で
読んでいて醍醐味がある作品でした


今作では、
初めからシリアスパートが多めで
(シェルは改造人間
主人公関係が遠い存在に感じられた
前作の登場人物で
魔法学校の校長であるクラーリィしか
いいキャラがいなかった気がします


前作は、大魔王との戦いという
壮大な目標だったのだが

今作は、
勝手に暴走して突撃して
大魔王に瞬殺された
人間国家が
他の人間国家を恨んで
魔族の力を利用して暗躍する

という甚だスケールダウンがひどく

作品中、多くの伏線があったのだが
正直、予想の範囲内過ぎて
面白くなかった

(トロンの息子やオカリナ?など)

一番面白かったシーンは
前作主人公たちの絡みの数ページ

という評価です

ということで、
自分の中では
続編はなかったという扱いです


記事が気に入りましたら
クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/10 14:15 ] 既刊本紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーさん

Author:えーさん
はじめまして。
スクエニ関係の漫画アニメの考察・感想・2chネタなど書いてます

ブロとも申請フォーム
最新記事
ブログ村ブログパーツ(β)
えーさんさんのランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。