スクエニ漫画感想雑記

スクエニ(漫画)に関する考察・感想・2chネタなどを更新
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディメンションW 2巻 感想レビュー



1巻からのルーザー編とスコア編が収録されています

ルーザー編 感想
ルーザーの真の目的が明らかになり、ナンバーズと呼ばれるコイルの回収・復讐のために不正コイルの製造元を追っていることが明らかになります

彼が、マブチの過去所属していたグレンデルのケモノの話を交えながら
目的を言う時に仮面を外すシーンはなかなかいいです

仮面の下に隠された彼の素顔は、凄惨な状態で表情のないはずの顔が憎しみに満ちているように感じられるほどです

マブチとルーザーには、復讐という相容れない感情があるものの
コイルに翻弄されたという過去を共有するなど、ルーザーがマブチに真実を話したのもある種の共感を覚えたからだと思われます

今回の結末では不正コイルが取り締まられる理由
次元崩壊『Wの具現化』が発生しました

この世界が享受しているコイルという夢の力が
どれだけ危ういバランスの上に成り立っているかが示され、マブチがコイルを忌避する一端が垣間見られます

スコア編感想
スコアによって管理されたこの世界における教育システムの闇にスポットを当てた回です
(例 喧嘩をしたらスコアが下がり一定の水準以下になった場合、停学・退学及びランクが下の学校への強制転校)
キョウマに絡んでくる子供たちが巻き込まれた、スコアシステムを悪用した陰謀をキョウマが解決する話です

話に関しては、ルーザー編と同等に面白い話ですが
これからの物語を彩るであろう魅力的な登場人物が多数登場するのが特に注目すべきです
・スコアを食い物に暗躍する闇の投資家
・セントラル47COO クレアスカイハート(以前より顔は出ていたが、この事件でマブチと初接触する)


クレアスカイハートはミラ関係の設定上、敵か味方かわからない立ち位置の登場人物ですが
彼女なりの正義を持っていて、今回の件でマブチに警告をしていました
『異なる立場と異なる正義』
という図式はかなり燃えました

今回の話で、ミラが子供たちを助けるために胴体と首が切断されてしまいました
ミラはロボットですので、修理すれば大丈夫なのですが
ミラが首が切断されたまま、話しかけてくるシーンを見ると
彼女がアンドロイドであるということを再認識でき隔たりを認識してしまうのですが
その後は、マブチやコオロギもあまり気にせず、頭をおもちゃにするなどいつも通りですがw

最終的に、ミラの修理が終わって子供たちと再会するシーンがなかなかいいです
(特に、胸の完成度が向上して!)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/25 23:09 ] 新刊感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーさん

Author:えーさん
はじめまして。
スクエニ関係の漫画アニメの考察・感想・2chネタなど書いてます

ブロとも申請フォーム
最新記事
ブログ村ブログパーツ(β)
えーさんさんのランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。