スクエニ漫画感想雑記

スクエニ(漫画)に関する考察・感想・2chネタなどを更新
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スクエニ出版事業は好調!!(平成25年3月期 第1四半期決算短信) 

平成25年3月期 第1四半期決算短信が発表され
出版事業  売上高 30億円    営業利益 7億円
(第1四半期=4月から6月までの3ヶ月)
スクエニ全体は芳しくありませんでしたが、出版事業は好調な結果になりました

2013年計画では
売上高 84億 利益 4億 営業利益率 4,8%
を予定していたので、かなり不安がありましたがかなり好調な推移となっています

1、4-6月期の経費の増加要因
第1四半期の経費は23億と、年間80億の経費を考えるとやや高くなっております
・絶園のテンペストのアニメか費用
・単行本や雑誌の発行部数の増加

に起因しているものと思われます

2、4-6月期、好調な推移の要因
アニメ化・新規単行本・雑誌売り上げが好調だったことが要因と考えられます

①アニメ化作品が好調
4-6月期は、咲-Saki- 阿知賀編、黄昏乙女×アムネジア、君と僕。2が放送されました
咲-Saki-阿知賀編のアニメ化は、阿知賀編だけではなく本編や咲日和の単行本売り上げも大幅に伸びるなど大成功でした
黄昏乙女も、単行本売り上げが伸びるなど一定の効果がでました
また、前期(1-3月期)放送の男子高校生の日常・妖狐×僕SSは、アニメ化終了後も売り上げを伸ばしています

②新規単行本が好調
4-6月期に販売された新規単行本の中で、2作のヒット作がでました
・月刊少女野崎くん
・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い

私モテは、2巻発売時に1巻も増版がかかり2巻累計35万部、野崎くんは10万部を突破するなど非常に好調でガンガンオンラインの看板作品となっています


4-6月期に発売された新規単行本の中では、ヤングガンガンで連載されている、Dimension Wもオリコンランキングに入るなど注目作です

③ガンガンJOKERの売り上げ増加
妖狐×僕SSのアニメ化人気によって発行部数が1,5倍になるなど、雑誌自体をけん引するという目を見張る効果が出ています
ガンガンJOKERからの、新たなるヒット作が生まれることも期待できます

3、最後に
第一4半期はかなり好調な結果になりましたが
第二4半期はオリジナルのアニメ化作品がなく、今のところ新規のヒット作が魔法科高校の劣等生位なので、かなり厳しい結果になると思われます

関連記事
ガンガンJOKER読者は女性が多い!
2012年3月期スクエニ決算説明会(漫画部分抜粋)


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/19 18:33 ] 考察系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーさん

Author:えーさん
はじめまして。
スクエニ関係の漫画アニメの考察・感想・2chネタなど書いてます

ブロとも申請フォーム
最新記事
ブログ村ブログパーツ(β)
えーさんさんのランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。