スクエニ漫画感想雑記

スクエニ(漫画)に関する考察・感想・2chネタなどを更新
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アホリズム(宮条 カルナ) 9巻 感想

ガンガンウィングからの移籍組で、ガンガンオンラインで地味に売れている能力者バトル漫画です
男子高校生・私もて・ばらかもん・野崎くんの次に来る作品です

今巻では、明かされるクリシュナと黄葉の関係・学園の支配者であり理事長である偽ヤマの正体・・暗躍する宝来監査官(日向 姉)・潤目と日向の過去の確執・佐伯南斗の果歩を守り抜く決意の話・袴田と正田エコの触でのフラグ?

後継者同士(黄葉とヤマ)の殺傷行為の禁止という設定が初めて出てきて
これにより一時的ではありますが、ヤマの対決は先延ばしという形となりました

クリシュナは命の危機に、黄葉に力を託したと語るのですが
クリシュナはいつ地上に来たのか?等疑問点は依然残る感じです

個人的には、佐伯南斗と果歩の話がかなりよかったです
北斗を犠牲にして果歩を生き返らせるという業を背負い、彼女を守りながら2人で卒業を目指すという決意が胸を震わせます
エコと袴田の話の最後に、南斗と果歩が無事に画面上に見えるという演出も中々いいものでした

メインストーリーとサブストーリー双方ともに、味があって非常に完成度が高い作品で、次巻が今から楽しみです

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/26 11:57 ] 新刊感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーさん

Author:えーさん
はじめまして。
スクエニ関係の漫画アニメの考察・感想・2chネタなど書いてます

ブロとも申請フォーム
最新記事
ブログ村ブログパーツ(β)
えーさんさんのランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。