スクエニ漫画感想雑記

スクエニ(漫画)に関する考察・感想・2chネタなどを更新
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

少年ガンガンの発行部数が7万部に・・・・※ちょっと、内容修正しました

2004年に、37万部記録していたものが本年度は7万部になりました

■部数現象の主な原因(スクエニ内部の要因)
鋼錬終了による読者離れというのが、一般的にわかりやすいのですが、それだけではありません
確かに、鋼錬のアニメ化ヒットによって20万部から37万部に増加しましたが、次の年には27万部なるなど一過性のものでした(それでも、7万部増えていますので効果は存在します)

鋼錬アニメ化前の20万部だったころの読者が、離れていったのが主な原因となります

10年という年月がたっているので、時間的なものが最も大きい原因ですが・・・・・・
鋼錬のヒットのため、それに準じた作品を主に展開するようになり、以前からの読者が好んでいた系統の作品が減少
鋼錬前の看板作品である、東京アンダーグラウンド・スパイラルの終了(この年で7万部の部数が減少)が読者離れに拍車を掛けました
その後、鋼錬終了+それに準じた系統の作品終了+禁書の人気低下+咲阿知賀終了などマイナス要素が積み重なり7万部となっています

■一番の要因は、漫画雑誌離れ+少年誌離れ
ここまで書くとガンガン落ち目ヤバイと捉える人もいるかと思いますが・・・・・・・
一番の要因は、漫画業界の構造的な問題です

10年で、漫画雑誌発行部数は半分以下に落ちています
特に、少子高齢化に伴い少年誌を読む層の減りは著しいです

■漫画雑誌発行部数って、ホントはどうでもいいという現実
発行部数が減っている!!とかきましたが、実際そこまで重要な要素ではないです

漫画雑誌の発行部数が多ければそれだけ宣伝効果があるので、単行本が売れますが・・・・・
出来がいい作品であれば、ネットで話題になり、アニメ化して単行本が売れるというサイクルが存在します

つまり、人の心をつかめるイイ作品であれば漫画雑誌の発行部数ってあまり関係ないです
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/24 18:03 ] 考察系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーさん

Author:えーさん
はじめまして。
スクエニ関係の漫画アニメの考察・感想・2chネタなど書いてます

ブロとも申請フォーム
最新記事
ブログ村ブログパーツ(β)
えーさんさんのランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。